スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とっても美味しいので、、、

ちまちゃんが超美味しいと絶賛の水溶きフード。
そんなに美味しいんだったらゴマチャンにもあげてみようかしら?
食べるかな~?とあげてみたら……

goma258.jpg

ゴマも美味しかった!


goma259.jpg

超食いつき良し!!
もりもり食べて、あっという間に完食~(*´∀`*)

注射器みたいなアレが一つしかないので、ゴマチャンにはお皿であげたんだけど、上手に全部食べきりました。
だったら、おちまもお皿で食べられるかも?


tima064.jpg

ちまちゃん、どーぞ~


tima065.jpg

「あら? あれに見えるは美味しい水溶きフードじゃないの!」


tima066.jpg

「いっただっきまぁ~~す!」(どぼん)

あーーーーー!!!
なんでお皿に入っちゃうのーーーー!!/(^o^)\


tima067.jpg

「なによ、うるさいわねぇ(もぐもぐもぐ)」

あああ、泥だらけみたいになっちゃってるよぉぉ(食べ物だけど)
……うん、ゴルハムだからこそお皿でいけたんだね。ゴマチャンは。
おちはやっぱ注射器で食べようね(´∀`;


にほんブログ村 ハムスターブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

とっても美味しいのよ♪

病院でもらってきた水で溶くフード、とても美味しいらしいです。
だって、、

tima062.jpg

この顔ですよ!

朝夕夜と機会があればあげるようにしてるんですが、毎度毎度ものすごい食いつきの良さ!
ウットリした顔でごくごくと飲んでますよ♪


P1020328.jpg

ちなみにこちらがその水溶きフード。
粉状フードを水で溶いて、注射器のようなもので飲ませます。
どう見ても美味しそうじゃないし、魚の餌みたいな匂いがするんですけどねぇ(笑)


tima063.jpg

手の中にすっぽり抱っこされて幸せそうに飲むんですよ、これが。
押しが足りなくてフードの出が悪いと手をパタパタして「もっとちょうだい!」と要求してくるほど(*´ェ`*)
おかげで、体重も30~32gにまで戻りました!
一時は26gにまで落ちてたんだけどね。
見た目にもふっくらしてきましたよ♪


tima058.jpg

そして、ものっすごい元気です☆
元気すぎてコワイくらい(笑)
まぁ、痩せてしまってたときも元気だったんですけどね、この子。
こんなに元気なので、しっかり栄養をつけて維持していかないとね!

再尿検査は3/1(土)に行く予定。
糖尿病なのか否か、、、どきどきです。


にほんブログ村 ハムスターブログ ジャンガリアンハムスターへ
にほんブログ村

おちまちゃん、まさかの……

tima061.jpg

20日、ちまちゃんを病院へ連れて行ってきました。
行こうと思った理由は、首の下の毛がパサパサしてちょっと禿げているような感じだったから。
以前から体重がやたらに軽いことも気になっていたし、ハゲは皮膚病だったりもするので、原因をちゃんと調べてもらおう!と連れて行きました。

皮膚検査の結果、ニキビダニ等はありませんでした!
よかった!

あと、最近ほんのちょこ~っとだけ便が柔らかいというのもあって……と獣医さんに話していたらちょうど診察室でプリっとしてくれたので検便も。
こちらも特に異常なし。
よかった!

だけど、毛並みの乱れには何らかの原因があるのは確か。
あとは尿検査もしてみないとハッキリしたことはわからないとのことで、後日検査をしてもらうためにゴマチャンもいつも使ってる採取容器をもらって帰りました。
あと、炎症を抑える抗生剤も。


そして今日、チッコを採取できたので尿検査に行ってきました。
その結果……なんと、糖尿病の疑いが。
事前に食べたものの影響で血糖値が上がることもあるので、一回の検査では断定はできないとのことですが……可能性は高いとのこと。
体重が減っているのも、血糖値が上がっているせいで尿量が増えて脱水症状気味になっているからではないかと。

原因は、偏食だそうです。
好き嫌いが激しい&飽き性のおちまは主食をあまり食べないからついついオヤツ系のペレットばかりあげてしまってたから……。

なので、まずは食生活改善。
オヤツ系はストップして、主食をしっかり食べさせること!
あと、脱水症状を起こさせないために水分を多く摂る必要があるので、病院で出された粉のハムスターフードを水で溶いて飲ませるように、とのこと。

幸い薬も水状フードも喜んで飲んでくれているので、まずはしっかりと体重を戻していきます!
すっごく元気に走り回る体力はあるので、今のうちにしっかり治しておかないと!
がんばろうね、ちまちゃん!

優柔不断

17日、ゴマチャンと病院へ行ってきました。
手術をするかどうか再度詳しく話しながら検討するために。
獣医さんにしつこいくらい色々聞いて、鬱陶しいくらい長々と悩み続けました。
……が。
結局、その場ではまた決断を下せませんでした。

手術そのものは前回もきいたとおり、難しいものではありません。
開腹して嚢胞と子宮を摘出して縫合するというだけ。
人間だったら日帰り手術かもしれないレベルです。
ただ、そこに至るまでと術後のリスクが高いんです。
人間の場合、手術の際は事前に血液検査やエコー、レントゲン等々いろいろな検査をします。
健康状態や内臓と嚢胞や腫瘍の位置関係を事前に知るためです。
猫ちゃん以上のサイズだと動物でもそれができるのですが、ハムスターのように小さい動物にはそれがまず困難です。
つまり、お腹を開けてみなければわからないのです。
ゴマチャンの嚢胞が「普通」の状態であるならば、摘出はスムーズにいくそうです。
ですが、もし他の内臓器官と癒着していたりすると摘出自体ができないんです。
その場合できることといえば、嚢胞内の水を抜く程度。
一時的にはお腹は小さくなりますが、またすぐ水が溜まります。
癒着の具合によってはそれすらもできず、何もしないままにお腹を閉じるしかない可能性もあるということです。

また、摘出が成功して縫合しても、その後に何らかの原因で体調不良を起こしたり元通り元気にならなかった例もあるそうです。
あと少しで手術終了というときに激しく出血してそのまま命を落としてしまったりしたこともあると聞きました。
さらには縫合した部分が痒くて搔いたり噛んだりすると傷口が開いたり雑菌が入ったりするので、それも防ぐ必要があります。
首周りにカラーをつけるんだそうです(パラボラアンテナみたいなあれ)
そうすると手を使って食事をするハムスターはごはんを自分で食べられないので、人間が口元に食事を運んで食べさせてあげなければなりません。
ゴマチャンは抱っこが好きな子だから、その行為自体にはストレスを感じないと思いますが、自身が「食べたい」と思ったときにすぐ食べられないことはストレスになるのではないかとも考えてしまいます。

そして、もちろん麻酔のリスクもあります。
麻酔の段階で呼吸に異常が発生した場合、蘇生の可能性はほぼゼロです。
小さなハムスターには心臓マッサージや衝撃を与えるという手法が取れないので。

ゴマチャンは今の段階ではとても元気です。
食事も排尿排便もとても安定している状態。
年齢は一歳十ヶ月目前。
ただ、あくまでペットショップの開示情報のみなので正確ではないかもしれない。
もしかしたらもう二歳なのかもしれないというとても微妙な年齢です。
獣医さんも、もし一歳前半とかなら手術をする方を勧めると言っていました。
そして、二歳を過ぎているならよほど切羽詰まった容態でない限り勧めないと。
ゴマチャンの年齢はちょうどその中間。
健康状態からいうなら今は手術に十分耐えうるのではないか、と。
でも、当然ながら100%ではありません。
先にも書いたとおり、術中前後のどこかで何かが起こるかもしれない……。

これがもし、「治る」「治せない」の二択であるならば迷わず手術します。
治らなくても現状維持で帰ってきてくれるというならば。
しかし、現実には三番目の可能性「最悪の事態」というのがあります。
もしもそんなことになってしまったら、申し訳なくて生きていくこともできません。
考えるだけでも恐ろしくて震えます。
大事な寿命を途中で奪ってしまうなんて絶対にできません。
だけど、もし成功したならもっと体調が快適になって、クマゾーのように長生きできるのかもしれない…………。
こんな感じでプラスとマイナスの思考がグルグルグルグル堂々巡りして、病院から帰ってきて以来ずっとずっと悩んでいてブログも書けずにおりました。


でも……
そろそろ決意が固まってきました。

手術は、やっぱりしない方向でいきます。

ゴマチャンは自分に嚢胞ができているとか子宮に少し膿があるとかいうことを知りません。
元気な走りっぷりからもわかるように、身体の異変も感じていません。
毎日決まった時間に遊んで、美味しくごはんを食べて、いっぱい寝て、また起きて遊んで……と平穏に暮らすことが幸せなんじゃないかと思うんです。
手術そのものは一時間も掛からないとは言っても、いつもとは違う場所でいつもとは違うことをされ、術後の生活にも制約が入ります。
早い場合は2~3日でほぼ元通りになれますが、ハムスターにとってはそれも長い日々。
もしかしたらストレスを感じることで体調を崩してしまうかもしれません。


goma253.jpg

ゴマチャン、病院から帰ってきてから今日まで野良寝です。
これも、もしかしたら病院通いというストレスからの行動かもしれません(ただの気まぐれかもしれませんが)
ゴマ自身がせっかく何の不自由も感じず元気に暮らしているのに、わざわざ生活のリズムを乱す必要があるのかな……と。


goma254.jpg

今のところ、体重も170g前後でとどまっています。
毎日の様子を見ていても、悪くなっている感じはまったくありません。
オシッコに血が混ざるという件がなかったならば、なんか太ってるなぁくらいにしか思ってなかったかもしれないくらいです。

ゴマチャンには一日でも一分でも長く「幸せだなー」と感じて生きてほしい。
つらい思いをしないままに天寿をまっとうして欲しい。
なので、このままゆったりと暮らせるよう祈りつつ様子を見守っていくことにします。
願わくば、同じく嚢胞だった可能性のあるちょもちゃんのようにまったりと生きて欲しい。

嚢胞が大きくなったり内臓と癒着したりすると、臓器に負担がかかって何らかの体調不良を起こすことも有り得るので、それだけが怖いのですが、おかしな言い方に聞こえるかもしれませんがそうなる前に寿命がきて静かに眠りにつけると良いなぁと願います。
病気だと気付かずに幸せにいてほしい。


できることならもう病院へも連れて行きたくないんですけどね……嫌がるのが可哀想なので。
抗生剤は効いているので、それだけは続けていきますが。



goma255.jpg

手術はしないと決めたものの、まだどこかモヤモヤしたものが残ります。
正しい答えがどこにもないような気がして落ち着きません。

ゴマチャンは……どうしたいの?って聞けたらなぁ……。

GRANRODEO LIVE 2014 "G9 ROCK☆SHOW"

GRANRODEO LIVE 2014 "G9 ROCK☆SHOW" 大阪城ホール

ライヴはライブハウス派なのでホール系は殆ど行かないのだけど、今回は折角ファンクラブにも入ってるんだしとチケット取ってみました。
アリーナ席だったこともあって、ライヴハウスに引けをとらないくらい盛り上がれました!
ホールならではの派手な演出も悪くないね。
炎が吹き上げたりレーザー光線出まくったりと面白かった。
あと、アリーナ席の中央にステージをせり出してあって、それがすごく近くて嬉しかった!
すぐそこでイーヅカさんの超絶かっこええギターテクやきーやんのパワフルなパフォーマンスを観られてハッピー☆
今回は瀧田さんとVALさんもアコースティックに参加してくれたりと楽しかったなぁ。
セトリは新しい辺りのシングルを中心に懐かしいものや定番ものも織り交ぜて、アルバムツアーとは違った魅力がありました♪
アリーナ席から眺めるスタンド席のサイリウムの光は綺麗でしたよ。
(自分では絶対振らないけどね←ポリシーw)

アンコールではなんと、We wanna R&R SHOWを!
グランドピアノまで登場で会場大盛り上がりのそのとき!ハプニングが起きました(笑)
なんと、途中でボーカル退場!!
その理由が…………お腹ピーゴロ(笑)
実は、中盤から腸の不具合を訴えていたきーやん。
叔母さんに差し入れてもらったストッパ下痢止めでその時は凌いだものの、後半になってまたぶり返し、アンコール一曲目の真っ最中にピークを迎えてしまいましたとさwww
ボーカル不在のまま曲は続き、イーヅカさん&ロデオボーイ・ロデオガールで合唱しましたよ。
ま、これはこれで楽しかったけどね!w
退場後は「きーやん、もしかして、、、マジ腹痛??」な空気が会場に流れてたよw
その後戻ってきたときに「漏らしてはいません!」を必死にアピールするきーやんもオモロかったw
これは伝説のライブになるね!
いい日に参戦したもんだ!☆

ラストは銀テープがぱーーんと宙を舞いました。
今回は自分では掴めなかったのだけど、おとなりさんが2つ取れたからとくれました。
大人ロデオガールはいい人だ♪

今日のライヴはフジテレビネクストとやらで生中継してたらしいですよ。
会場にカメラが入ってた。
腹痛に耐えながら歌うきーやんの様子を改めて観たいので、是非再放送して欲しいもんです。
ネクストは観られないんで、BSフジあたりで是非。

次はライヴハウスツアーだ!
Zepp Numbaだぜ!

雪が降りまして……

全国的に大雪だった今日、ここ大阪でも少しばかり降りまして、病院へ行けませんでした><
他の地方に比べたら全然大したことなかったんですが、道路がべしょべしょしてて車を出すのが不安だったので(雪降らない地域なので用意もないし慣れてもないので)、月曜に行くことにしました。
土日は混むし仕事もあるからね。
ゴマチャンは今日も調子良いです♪
体重は170g。ごはんは完食!


tima057.jpg

最近またゴマの話題ばかりですが、おちちゃんも超元気です♪
散歩場で一緒に遊ぶと、腕をすごいスピードで駆け上がってきます。
肩まで登ったところでおろしてあげると、また駆け上ってくる……のエンドレス。
小さいのにパワフルな走りっぷりですw

写真はすっかり好物になったミカンをウマウマしているところ。
ゴマチマどちらもミカン大好きです^^


にほんブログ村 ハムスターブログへ
にほんブログ村

明日で一週間

goma237.jpg

ゴマチャンに嚢胞があるとわかってから、早いものでもう明日で一週間です。
つまり、明日はいよいよ病院で決断をしてこなければなりません。

ここ一週間の体重の推移はこんな感じ

2/7---167g
2/8---167g
2/9---170g
2/10---173g
2/11---171g
2/12---167g
2/13---169g

173gにまでなってしまったときはもう手術を決断するしかないのかと悲観したのですが、その後また少し減っていて希望を感じてしまったりとなかなか心が定まりません。
どちらかと言えば、もちろん手術はしたくないんですがね。
今日もとても元気だったし、実はあることに気付きもしたんです。

以前うちにいたゴールデンハムスターの「ちょも」がもしかしたら嚢胞だったのではないか、と。
ちょもちゃんをうちに迎えたのは1997年とかなり昔でデジカメなんかもまだ持ってなかったような頃で、記述はなにも残っていないのだけど、体重の増え具合が今のゴマチャンと似てたんです。
ちょもは、「もこ」「みみぃ」と一緒にお迎えしたんですが、来た当初はもこと体重がほぼ同じだったのに、一歳を過ぎたあたりから体重がどんどん増えて最高で170gもあったんです。
一緒に迎えたみみぃちゃんが大柄で200gもあったので(最初から他の二人より大きかった)、170gになっても病気などを疑うこともしてなかったんですよね。
すっごく元気だったし、三姉妹の中で一番長生きもしたし。
でも、今思うともしかしたら嚢胞だったのかも……と。
確かにお腹がゴマチャンと同じようにぷにぷにしていたし。
ただのおデブだとばかり思っていたので病院へもかかっておらず、真相はわかりませんが……。
もし、そうだとするとちょもちゃんは元気なまま天寿をまっとうしたので、ゴマチャンも具合が悪くなることなくいられるかもしれないなぁ……と藁をもすがる気持ちになってます。
明日、ちょもちゃんの件は獣医さんにも話してみようかと思ってます。

気持ちとしては手術は避けたい。
でもそうしなければならないのなら決断もしなければならない。
めいっぱい悩んできます。
結果はまた明日報告します。

ゴマチャンはなんにも変わることなくとーーーっても元気に毎日甘えて遊んでます(^^)


にほんブログ村 ハムスターブログ カラーハムスターへ
にほんブログ村

嚢胞

goma252.jpg

今日、ゴマチャンを病院へ連れて行きました。
病院へ行く前に体重を量ったら167gもありました。
そのことを伝えるとやはり排膿がうまくできていないのではということで、エコー検査に。
しかし、その写真に写っていたのは別のものでした。

なんと、子宮の上の部分に嚢胞が4つもあったのです。
嚢胞とは液体のつまった袋みたいなもの(※Wikiの記事
小さいのが3つと大きいのが1つ。
体重増加の原因はこれでした。
子宮にも少し膿があったんですが、それは微量で今回の体重増加の原因ではなさそうとのこと。
この嚢胞の原因はホルモンバランスの変化のせいだそうです。
ゴマチャンは人間ならばもう還暦過ぎ。
更年期のような年齢によるホルモンバランスの変化ではないかと。

嚢胞を完治させるには切除手術しかありません。
私自信、過去に歯茎に嚢胞ができたことがあり、切除手術をしました。
そのときに切除した嚢胞を見せてもらったんですが、水風船みたいな物体で、今回のエコー写真に写っていたものと同じでした。

しかし、ハムスターを手術するというのはかなり怖いです。
小さい体に麻酔をかけるということがまずリスクが大きい。
猫ちゃんくらいのサイズならチューブで酸素吸入ができるけれど、ハムスターはそれができないので目視で呼吸を確認するしかないんだそうです。
それに、切除手術のあと容態が急変して息を引き取ってしまうという可能性もゼロではないと。
もちろん、手術がうまくいった例も多くて、嚢胞切除自体はそれほど難しい手術ではないそうです。
とはいえ、ゴマチャンはもうすぐ一歳十ヶ月という高齢。
もしものことが起こってしまっては……と思うと決断できません。
幸いゴマはものすごく元気。
排便排尿も食欲も変わらず、走る様子も体重の増加をまったく感じないくらいに機敏。
獣医さんが言うには、この元気さがキープできるのであれば嚢胞があるままでも寿命まで生きることができる可能性が高いとのこと。
ただし、さらに体重が増加する(嚢胞が増える)ことで元気がなくなる可能性もなくはない……。

とてもじゃないですが、その場で判断はできませんでした。
大事な大事な命です。
最良の処置をとりたい。
今はまだ一刻を争うような容態ではないので、もう一週間今のお薬を飲みつつ体重の経過を見て、病院で診てもらってそのときに決断することにしました。


goma249.jpg

この写真も一枚目の写真も今日病院から帰ってきてから撮ったもの。
見ての通り、すっごく顔色も良く元気です!

元気だからこそ今手術をするべきか、
元気だからこそ、その免疫力に期待して元気に天寿をまっとうしてもらうか……悩みます。
嚢胞自体は無害なことが多いというのもあるしね。


「手術」という単語がでたことに動揺して、術後のこと(入院するのかどうかなど)を聞くのを忘れてきてしまいました……手術自体が一時間ほどで終わるものだということは聞いたのですが……。

代わってあげられるなら、代わってあげたいです。
自分の嚢胞ならナンボでも手術できますから!

とりあえず、一週間。
じっくり悩みます。
自然とホルモンバランスがまた変化して嚢胞が小さくなったり落ち着いたりすることもなきにしもあらずなそうなので、それに期待しつつ……。

なんでゴマチャンみたいなイイ子がこんなつらい目に合わなきゃいけないのよ……。


にほんブログ村 ハムスターブログ カラーハムスターへ
にほんブログ村

体重のはなし

tima053.jpg

ちまちゃんの今日の体重→31g


goma236.jpg

ごまちゃんの今日の体重→164g


ちまこは軽すぎ、ごまは重すぎでちょっと心配な今日このごろ……。
歴代のドワハムを振り返ってみると、ちまちゃんくらいの年齢なら40gくらいがベストな感じなんだけど、どんどん細くなっていってついには30g前半にまでなってしまいました。
ここ一週間は30~32gの間くらい。

逆にごまちゃんは重くなりすぎ。
1/31に病院へ行った時も前回(1/8)の検査のときより重くなってて、もしかするとうまいこと膿を出せていないのではと言われました。
それもあって抗生剤の種類を変えてみたんですが、毎日少しずつ重くなっていくばかり。
血はほとんどまったくというくらい出てないんですがね……。
ごまは大柄な子だけど、それでも160g台はさすがに重すぎです。
せめて150g前後にとどまっていて欲しいところ。

ただ、お二方ともとーーーっても元気なんです。
食欲も普通にあるし、起床時間もいつも通りで元気いっぱい走って遊んでます。
おちちゃんの方は特にね、なにも病状がないので小柄な子なだけなのかもしれませんが。
そういえば、ういちゃんもかなり小柄だったしね(体重など量らせてもらえませんでしたが^^;)

でも、ゴマの方はやはり膿が心配。
年齢も一歳九ヶ月を過ぎてるし、体重が増えると心臓にも負担がかかるので……。
クロちゃんの例もあるし、なんとか膿を自力で出して体重を落としていって欲しいと願うばかり。

とりあえず、近々ゴマチャンは病院へ連れて行こうかなと思います。
ちまこのこともその時ちょっと聞いてみようかと。
多分、連れて行くほどではないと思うので。

ふたりとも健康でいておくれ。


にほんブログ村 ハムスターブログへ
にほんブログ村

ひとりはきらい

ゴマチャンはいつもベニヤ板の囲いの中で散歩します。
散歩中は誰かが必ずその中に入ってゴマに登られたり甘えられたりするんですが、、


goma248.jpg

たまには囲いの外もいかがかな?
と、板を上げてみるとよくわからずに出てくるゴマチャン

「なになに~?」


goma246.jpg

はい!そこでシャットダウン!

「……!!?」

外のほうが広いよ~遊んでいいのよ~

「しらないところ……こわい……(´;ω;`)」

え、、、知らないってことはないんだけど……帰ってくるかい?


goma247.jpg

「帰る~~。゚(゚´Д`゚)゚。」


好奇心よりも、ひとりにされるのがヤダって気持ちが勝るごまちさんでしたとさ。
囲いの中にひとりにされるのも嫌がるしね。
必ず誰かが一緒にいなければならない甘えちゃんです(*´ェ`*)


にほんブログ村 ハムスターブログ カラーハムスターへ
にほんブログ村
ハム紹介


ちま初登場記事
ジャンガリアンハムスター♀
'12/12/19生('13/1/31入居)
'14/11/10永眠

goma000.jpg
ごまち初登場記事
ゴールデン♀
'12/4/23生('12/7/12入居)
'14/7/28永眠

fuwa.jpg
わんも初登場記事
ゴールデン長毛♀
'10/2/10生('10/6/2入居)
'12/6/24永眠

chamaru.jpg
茶丸初登場記事
ゴールデン♂
'09/10/31生('09/12/14入居)
'11/12/15永眠

yukichi.jpg
ゆきち初登場記事
スノーホワイト♂
'09/2/8生('09/3/10入居)
'11/7/12永眠


フク初登場記事
ジャンガリアン♀
'08/10頃生('08/12/29入居)
'09/4/2永眠


クロ初登場記事
ゴールデン♀
'08/4/10生('08/5/28入居)
'09/11/3永眠


コロン初登場記事
ブルーサファイア♀
'07/2頃生('07/5/21入居)
'08/11/18永眠

z_kuma.jpg
クマゾー初登場記事
キンクマ♂
'07/3頃生('07/5/21入居)
'09/12/8永眠

z_siro.jpg
シロ
スノーホワイト♀
'05/6頃生('05/9/30入居)
'07/7/28永眠

z_chibo.jpg
ちぼり
ジャンガリアン♂
'05/1頃生('05/3/31入居)
'07/1/15永眠

z_ui.jpg
うい
ジャンガリアン♂
'04/8月頃生('04/11/9入居)
'07/3/16永眠

z_chiiko.jpg
ちぃ子
キンクマ長毛♀
'03/9月頃生('03/12/24入居)
'05/9/22永眠

z_ten.jpg
てん坊
ゴールデン♂
'03/3月頃生('03/5/30入居)
'05/4/30永眠

z_honey.jpg
ハニー
ゴールデン原種♀
'01/1月頃生('01/4/28入居)
'03/1/5永眠

z_nyamo.jpg
にゃも
ゴールデン♂
'00/4月頃生('00/6/1入居)
'01/1/8永眠

z_hime.jpg

ゴールデン♀
'99/3月頃生('99/4/14入居)
'00/11/21永眠

z_bon.jpg
ぼん
ゴールデン♂
'99/3月頃生('99/4/14入居)
'99/10/22永眠

z_chomo.jpg
ちょも
ゴールデン長毛♀
'97/2月頃生('97/7/5入居)
'99/2/13永眠

z_mimii.jpg
みみぃ
ゴールデン♀
'97/2月頃生('97/7/5入居)
'98/12/21永眠

z_moko.jpg
もこ
ゴールデン長毛♀
'97/2月頃生('97/7/5入居)
'98/2/24永眠

z_rira.jpg
リラ
ゴールデン♂
'96/5月頃生('96/6月入居)
'97/6/18永眠

z_musu.jpg
ムス
ゴールデン原種♀
'95/11月頃生('96/1月入居)
'97/5/5永眠

z_wotome.jpg
をとめ
ゴールデン長毛
'95/2月頃生('95/5月入居)
'97/3/13永眠

最新の記事
カテゴリ
アクセスランキング
FC2ランキング
[ジャンルランキング]
ペット
17396位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
小動物
745位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
簡易型ハムスターの年齢計算機(グラフィック版)
リンク
プロフィール

シス姉

Author:シス姉
アパレル系勤務のフリーター
NO MUSIC NO LIFE☆

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。